Dual Mast Roller

盛土の締め固め品質が向上する最新転圧管理システム

Dual Mast Roller KV

ICT技術の導入・運用を進めている現場で「盛土締固め管理」は、エリア管理・盛土材による回数管理・層厚管理・データ作成方法・データの精度・システム自体の構造、等により運用が難しい技術です。

Dual Mast Roller(デュアルマストローラー)は、鉄輪の両端にGNSSアンテナ2基とGNSS受信機 Leica iCON gps 80 を取り付けて位置と方向角を測定し、鉄輪の傾きは傾斜計で取得し、鉄輪の正確な中心位置情報を取得する、盛土締め固め管理に特化したシステムです。

 

現場での運用が容易

Dual Mast Rollerは傾斜計とGNSSアンテナが2つに増えただけのシンプルな構成です。ハンドルの操舵や縦横断勾配に影響されず精緻な座標取得を行うことができます。

他の転圧管理システムでは高さ精度に問題がありましたが、Dual Mast Rollerは管理が難しい層厚管理を行うことができるため、盛土施工における面での品質管理が可能となります。

 

高い精度で鉄輪の中心位置情報を取得可能

転圧ローラーの車体旋回時においても、GNSSアンテナが有する水平方向(XとY方向)の誤差範囲は20mm以内、鉛直方向(Z方向)での誤差範囲は30mm以内で、高精度の走行軌跡管理が可能です。正確な転圧位置が分かる為誤判定がありません。

走行軌跡データ比較
(走行軌跡データ比較)

 

施工しながらオペレーターが点群計測

鉄輪の方向角と傾斜角を算出し、走行した鉄輪幅に合わせてリアルタイムで3次元点群データの生成が可能です。計測機器が取得した位置と方向角と傾斜角の情報は転圧ローラーの操縦席に設置したPCに送信され、そのデータを基にPC上の『Dual Mast Roller』のプログラムが演算処理をおこない、任意で設定した密度で点群の自動生成を行います。

土量算出などに3Dスキャナーやドローンによる計測は不要になり、施工履歴データで土量管理が簡単に行えます。また、この施工履歴データは出来形管理のデータとしても活用が期待されます。

走行軌跡に沿った点群作成イメージ
(走行軌跡に沿った点群作成イメージ)

 

 

【今後開発予定の機能】

・点群データから次層の撒き出しデータを作成しクラウド上でブルドーザと連携する新たな施工管理手法を構築

・面的な層厚管理

・生成した点群データを活用したリアルタイムな土量管理、土量変化率の管理

 

 

当システムは、ライカジオシステムズ株式会社が株式会社竹中土木と共同開発を行いました。弊社MCP事業本部が販売とサポートを行います。

お問い合せはこちらから

製品やサービスの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ
製品やサービスの詳細・デモ・購入に関するお問い合わせはこちらへ